しなぷすのハード製作記

「キャラクタLCDモジュール」の解説

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
2016年08月10日 更新。
用語:キャラクタLCDモジュール
読み:キャラクタ・エル・シー・ディー・モジュール
略語の完全な表記:character Liquid Crystal Display module
同義語・似た意味の言葉:キャラクタ液晶モジュール

概要

キャラクタLCDモジュールとは、文字情報の表示を目的に使われるLCDモジュールの事です。キャラクタ液晶モジュールとも呼びます。

図形表示用のグラフィックLCDモジュールと比較すると、文字コードを送るだけで文字が表示できるため、簡単なプログラムと、少ない情報のやり取りで、画面に文字が表示できる特長があります。また、HD44780という制御用ICや、その互換ICを搭載したキャラクタLCDモジュールが大変普及しているため、ソフト的に互換性のあるキャラクタLCDモジュールが手に入りやすく、それらを使えば、制御プログラムを変更せずに、LCDモジュールの交換ができるという特長もあります。

その一方、図形の表示ができないという欠点があります。

詳細については、液晶ディスプレイの項をご覧ください。

写真1、マイコンでキャラクタLCDモジュールを制御した例
↑ 画像をクリックすると拡大
写真1、マイコンでキャラクタLCDモジュールを制御した例
ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

関連用語

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記