「LSB」の解説

このページをスマホなどでご覧になる場合は、画面を横長にする方が読みやすくなります。
2020年04月13日 更新。
用語:LSB
用語の読み方:エル・エス・ビー
略語の完全な表記:Least Significant bit
同義語・類義語:最下位ビット

LSB(Least Siginificant Bit)あるいは最下位ビットとは、コンピュータなどの論理回路が2進数表記の数を扱う場合に、一番小さな数を扱う(最も重みの小さい)ビットの事を指します。

一方でMSB(Most Significant Bit)あるいは最上位ビットとは、コンピュータなどの論理回路が2進数表記の数を扱う場合に、一番大きな数を扱う(最も重みの大きい)ビットの事を指します。

LSBとMSBは対になって使われる用語ですので、LSBの詳しい説明は、この用語集のMSBの項をご覧ください。

関連用語

関連ページ

Arduino 電子工作
このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
こちらのページもおすすめです。