しなぷすのハード製作記

ESP-WROOM-02でLチカとWi-Fiの動作試験をする(2)

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
目次へ  前のページへ (1) (2) (3) (4) 次のページへ
2017年07月19日 公開。

3.ESP8266用のArduinoコアをArduino IDEにインストールする方法

それでは、ESP8266用のArduinoコアをArduino IDEにインストールし、Arduino IDEでESP-WROOM02の開発をできる様にする方法について説明します。

前提として、Arduino IDE 1.8.0以降があらかじめパソコンにインストールされているものとして説明します。

まず、Arduino IDEを起動し、ファイル環境→環境設定メニューを選択します。(図5参照)

図5、ファイル→環境設定メニューを選ぶ
図5、ファイル→環境設定メニューを選ぶ

そうすると、環境設定ダイアログボックスが開きますので、追加のボードマネージャのURLの欄に

http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json

と入力し、OKボタンをクリックします。(図6参照)

図6、追加のボードマネージャのURLを入力してOKボタンをクリック
図6、追加のボードマネージャのURLを入力してOKボタンをクリック

次に、ツール→ボード→ボードマネージャ...メニューを選択します。(図7参照)

図7、ツール→ボード→ボードマネージャ...メニューを選択
図7、ツール→ボード→ボードマネージャ...メニューを選択

そうすると、ボードマネージャダイアログボックスが開きますので、表示されているボードの一覧から、esp8266 by ESP8266 community(これがESP8266用Arduinoコアを示している)をクリックし、次にインストールボタンをクリックします。(図8参照)

図8、esp8266 by ESP8266 Communityをインストール
図8、esp8266 by ESP8266 Communityをインストール

そうすると、ESP8266用Arduinoコアのインストールが始まり、図9の様な表示になります。

図9、インストール中の表示
図9、インストール中の表示

インストールが終わった後は、ボードマネージャダイアログボックスの閉じるボタンクリックしてください。(図10参照)

図10、閉じるボタンをクリック
図10、閉じるボタンをクリック

以上で、ESP8266用のArduinoコアがArduino IDEにインストールできました。

広告

4.ESP-WROOM-02をArduino IDEで使用する際のボードの設定

ESP-WROOM-02の開発をArduino IDEで行う場合は、ツールメニューのボード設定(図11)を、表1の様に設定します。

図11、ツールメニューのボード設定
図11、ツールメニューのボード設定
表1、ESP-WROOM-02を使用する時のボード設定
設定項目 設定
ボード Generic ESP8266 Module
Flash Mode QIO
Flash Frequency 80MHz
CPU Frequency 160MHz
Flash Size 4M (1M SPIFFS)または4M (3M SPIFFS)
Debug port Disabled
Debug Level なし
Reset Method nodemcu
Upload Speed 921600

表1の中で、Flash Sizeの項目は、4M (1M SPIFFS)4M (3M SPIFFS)のどちらを選んでも構いません。この項目は、ESP8266に接続されているフラッシュメモリの容量を選ぶための項目ですが、4M (1M SPIFFS)も、4M (3M SPIFFS)も、4MBのフラッシュメモリが接続されている時に選ぶ選択肢です。日本で流通しているESP-WROOM-02には4MBのフラッシュメモリが搭載されているため、4M (1M SPIFFS)または4M (3M SPIFFS)を選択します。

マイコンのフラッシュメモリは、通常プログラム(スケッチ)を書き込むための物ですが、ESP8266の場合は、プログラム以外にデータファイルを記録しておく事ができます。

SPIFFSはSPI Flash File Systemの略で、フラッシュメモリ上のファイルシステムの事です。SPIFFSはESP8266用Arduinoコアに組み込まれており、このSPIFFSを使う事により、フラッシュメモリの領域の一部をデータファイルの保存のために使える様になります。

4MBのフラッシュメモリの場合、SPIFFSに使用するファイル領域の容量は、1MBか3MBのどちらかが選べます。Flash Sizeの項目で4M (1M SPIFFS)を選択すると、プログラム用の領域が3MB、SPIFFS用のファイル領域が1MBとなります。また、4M (3M SPIFFS)を選択すると、プログラム用の領域が1MB、SPIFFS用のファイル領域が3MBとなります。

次のページでは、ESP-WROOM-02にLEDを接続し、Lチカ(LEDの点滅)を行う回路を紹介します。

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
目次へ  前のページへ (1) (2) (3) (4) 次のページへ

このページで使われている用語の解説

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
こちらのページもおすすめです。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記