Syn BASIC (オンラインBASICインタプリタ)(2)

このページをスマホなどでご覧になる場合は、画面を横長にする方が読みやすくなります。
目次へ  前のページへ (1) (2) (3) (4) 次のページへ
2021年03月08日 公開。

記事きじにふりがなをけたいときは、つぎのチェックボックスをクリックしてください。

2.Synシン BASICベーシック使つかってみよう(ダイレクトモードで命令めいれいする)

このしょうでは、Synシン BASICベーシック基本的きほんてき使つかかたについて説明せつめいします。

プログラミングにかんする知識ちしきまったくない初心者しょしんしゃ前提ぜんていに、Synシン BASICベーシック使つかかた説明せつめいするので、ある程度ていどプログラミングの知識ちしきのあるひとは、んでいて退屈たいくつかもれません。そういう場合ばあいは、目次もくじて、みたいページをさがしてください。

Synシン BASICベーシックふくBASICベーシックというプログラミング言語げんごには、ある程度ていど規模きぼのプログラムをさきんでから、それを実行じっこうするプログラムモードという実行じっこうモードと、簡単かんたん命令めいれいをそのダイレクトモードという実行じっこうモードがあります。このしょうでは、簡単かんたんSynシン BASICベーシック機能きのうためせるダイレクトモードの説明せつめいをします。(このときてんで、プログラムモードダイレクトモードについてイメージできなくても、問題もんだいなく説明せつめいつづけられます。「2つモードがあって、いまダイレクトモードばれるほう説明せつめいんでいるんだ」くらいの認識にんしき結構けっこうです。)

2-1.簡単かんたん計算けいさんをしてみよう(PRINTプリントぶん基本的きほんてき使つかかた)

Synシン BASICベーシックでは、計算けいさん結果けっか画面がめん表示ひょうじするのに、後述こうじゅつするPRINTプリントぶん使つかいます。このせつでは、簡単かんたんしきPRINTプリントぶん使つかってSynシン BASICベーシック計算けいさんさせ、PRINTプリントぶん基本的きほんてき使つかかたおぼえることを目標もくひょうにします。

2-1-1.ざんざんをやってみる

それではまず、Synシン BASICベーシック簡単かんたんざんをやってみましょう。

れいとして、5+8の計算けいさんをしてみます。5+8の計算けいさんをするには、Synシン BASICベーシック画面内がめんないで、PRINTプリント 5+8[ENT]エンター入力にゅうりょくします。PRINTプリント5+8あいだには、かならず1つ以上いじょうのスペースをれてください。

ちゅう:この記事きじでは、ENTERエンターキーをすことを[ENT]エンターあらわします。またPRINTプリント小文字こもじprintプリントんでも結構けっこうです。PRINTプリント 5+8は、すべて半角はんかく文字もじ使つかって入力にゅうりょくしてください。全角ぜんかく文字もじPRINT 5+8入力にゅうりょくすると、エラーになります。

した画面がめん(画面がめん7)で実際じっさいにやってみましょう。パソコンでマウスを使つかっているひとは、したくろ画面がめんをクリックしてから入力にゅうりょくしてください。またスマートフォンやタブレットPCピーシー使つかっているひとは、したくろ画面がめんをタップしてから入力にゅうりょくしてください。

画面7、練習れんしゅうよう画面がめん(PRINTプリント 5+8[ENT]エンター入力にゅうりょくしてください)

したよう画面がめん表示ひょうじになったでしょうか?

Synシン BASICベーシック Versionバージョン 0.12αアルファ ©2021 Hiroshiひろし Tanigawaたにがわ(Synapseしなぷす)
Okオーケー
PRINTプリント 5+8 ← あなたの入力にゅうりょく
13 計算けいさん結果けっか
Okオーケー 計算けいさんが終わった合図あいず
 ← カーソル
    
実行例1、PRINTプリント 5+8の実行じっこう結果けっか

ちゅう:実行じっこう結果けっか表示ひょうじれいは、実際じっさいSynシン BASICベーシック実行じっこうできる画面がめん区別くべつしやすいようにするために、背景はいけいくろではなく、灰色はいいろにしています。

PRINTプリント 5+8なかてくるPRINTプリントというのは、そのあとつづ計算けいさんしき計算けいさんした結果けっかを、画面がめん表示ひょうじさせるための命令めいれいです。PRINTプリントはじまる一連いちれん命令めいれいPRINTプリントぶんといいます。

参考さんこう:もっと初期しょきBASICベーシックでは、ダイレクトモード(行番号ぎょうばんごうけずに直接ちょくせつ実行じっこうさせるモード)で実行じっこうするものを命令めいれい(commandコマンド、コマンド)とび、プログラムモード(行番号ぎょうばんごういたプログラムをRUNラン命令めいれい実行じっこうするモード)で実行じっこうするものをぶん(statementステートメント、ステートメント)とんで区別くべつしていましたが、次第しだいにダイレクトモードでも、プログラムモードでも、おな命令めいれいぶん実行じっこうできるようになり、両者りょうしゃ厳密げんみつには区別くべつされなくなりました。この記事きじでも、ぶん命令めいれいはあまり厳密げんみつ区別くべつせずに説明せつめいきます。

PRINTプリント 5+8[ENT]エンター入力にゅうりょくすると、つぎぎょう計算けいさん結果けっか13表示ひょうじされます。

またそれにつづき、命令めいれい(この場合ばあいは5+8の計算けいさん結果けっか画面がめん表示ひょうじさせるためのPRINTプリントぶん)の実行じっこうが終わったことをしめOkオーケーが、つぎぎょう表示ひょうじされます。

-の記号きごう使つかえば、ざん計算けいさんできます。たとえば10-6を計算けいさんするにはPRINTプリント 10-6[ENT]エンター入力にゅうりょくします。した画面がめん(画面がめん8)で、実際じっさい入力にゅうりょくしてみてください。

画面8、練習れんしゅうよう画面がめん(10-6[ENT]エンター入力にゅうりょくしてください)

ただしく入力にゅうりょくできていれば、つぎよう表示ひょうじになっているはずです。

Synシン BASICベーシック Versionバージョン 0.11αアルファ ©2021 Hiroshiひろし Tanigawaたにがわ(Synapseしなぷす)
Okオーケー
PRINTプリント 10-6 ← あなたの入力にゅうりょく
4 計算けいさん結果けっか
Okオーケー

    
実行例2、PRINTプリント 10-6の実行じっこう結果けっか

いままでは整数せいすう計算けいさんばかりしていましたが、もちろん小数しょうすう計算けいさんもできます。また、+や-の記号きごうをいくつも使つかうことで、もっと複雑ふくざつしき計算けいさんさせることもできます。

たとえば、1.2+4.7-9.3を計算けいさんさせてみましょう。した画面がめん(画面がめん9)でPRINTプリント 1.2+4.7-9.3[ENT]エンター入力にゅうりょくしてみてください。

画面9、練習れんしゅうよう画面がめん(PRINTプリント 1.2+4.7-9.3[ENT]エンター入力にゅうりょくしてください)

ただしく入力にゅうりょくできていれば、つぎよう表示ひょうじになっているはずです。

Synシン BASICベーシック Versionバージョン 0.11αアルファ ©2021 Hiroshiひろし Tanigawaたにがわ(Synapseしなぷす)
Okオーケー
PRINTプリント 1.2+4.7-9.3 ← あなたの入力にゅうりょく
-3.4 計算けいさん結果けっか
Okオーケー

    
実行例3、PRINTプリント 1.2+4.7-9.3の実行じっこう結果けっか

電卓でんたく計算けいさんしてみればかりますが、1.2+4.7-9.3の計算けいさん結果けっかは-3.4です。PRINTプリントぶん計算けいさんした結果けっか一致いっちしています。

2-1-2.入力にゅうりょく間違まちがえるとエラーになる

前節ぜんせつでは、PRINTプリントぶん使つかってざんざん計算けいさんをしました。このせつでは、PRINTプリントぶんときにタイプミスをするとどうなるかを説明せつめいします。

たとえば、本来ほんらいPRINTプリント 5+8[ENT]エンター入力にゅうりょくすべきところを、間違まちがってPRIMT 5+8[ENT]エンター入力にゅうりょくするとどうなるでしょうか?実際じっさいした画面がめん(画面がめん10)でためしてみましょう。

画面10、練習れんしゅうよう画面がめん(PRIMT 5+8[ENT]エンター入力にゅうりょくしてください)

実際じっさいためしてみると、つぎのような画面がめんになったはずです。

Synシン BASICベーシック Versionバージョン 0.11αアルファ ©2021 Hiroshiひろし Tanigawaたにがわ(Synapseしなぷす)
Okオーケー
PRIMT 5+8 ← あなたの入力にゅうりょく
Syntaxシンタックス errorエラー(PRIMT 5). ← エラー
Okオーケー
PRIMT 5+8 入力にゅうりょくした命令めいれい選択せんたく状態じょうたいになっている
    
実行例4、PRIMT 5+8の実行じっこう結果けっか

Syntaxシンタックス errorエラー(PRIMT 5).表示ひょうじされますが、これは、んだ命令めいれいなかで、PRIMT 5部分ぶぶん意味いみ理解りかいできなかったことあらわしています。このように、命令めいれいSynシン BASICベーシックによってうまく解釈かいしゃくできない事態じたいことエラーといいます。

参考さんこう:入力にゅうりょくのミスなどで、Synシン BASICベーシック命令めいれいをうまく解釈かいしゃくできない事態じたいになることを、「エラーが発生はっせいする」、「エラーがる」、「エラーがこる」などと表現ひょうげんします。

エラーにも色々いろいろ種類しゅるいがあるのですが、Syntaxシンタックス errorエラーは、命令めいれい文法的ぶんぽうてき解釈かいしゃくできなかったことあらわしています。

syntaxシンタックス英語えいごで「文法ぶんぽう」という意味いみですから、英語えいごかるひとなら、文法上ぶんぽうじょう問題もんだいがあること推測すいそくできそうです。BASICベーシックというプログラミング言語げんごは、英語えいごけんまれ、発達はったつしたので、エラーをふくむメッセージがすべて英語えいご表示ひょうじされることおおいです。(それにくわえ、BASICベーシックまれたころのパソコンには、日本語にほんご表示ひょうじする機能きのうがなかったという根本的こんぽんてき問題もんだいもあります) ただ、日本人にほんじんにはちょっと意味いみかりにくいですね。

そこでSynシン BASICベーシックには、メッセージを日本語にほんごえる機能きのう搭載とうさいしました。

メッセージを日本語にほんご表示ひょうじさせるためには、画面がめんみぎしたEnglishイングリッシュ表示ひょうじされているプルダウンメニューで、日本語にほんごえらんでください。(1参照さんしょう)

図1、プルダウンメニューで英語から日本語に切り替える様子
図1、プルダウンメニューで英語えいごから日本語にほんごえる様子ようす

今度こんどは、メッセージを日本語にほんごえて、エラーをしてみましょう。した画面がめんで、1を参考さんこうにしながらメッセージを日本語にほんごえて、そのあとPRIMT 5+8[ENT]エンター入力にゅうりょくします。

画面11、練習れんしゅうよう画面がめん(PRIMT 5+8[ENT]エンター入力にゅうりょくしてください)

今度こんどは、したしめすような画面がめんになっているはずです。

Synシン BASICベーシック Versionバージョン 0.11αアルファ ©2021 Hiroshiひろし Tanigawaたにがわ(Synapseしなぷす)
Okオーケー
PRIMT 5+8 ← あなたの入力にゅうりょく
文法ぶんぽうエラーです(PRIMT 5). ← エラー
完了かんりょう ← "Okオーケー"が「完了かんりょう」にわっている
PRIMT 5+8 入力にゅうりょくした命令めいれい選択せんたく状態じょうたいになっている
    
実行例5、日本語にほんごでエラーをしたれい

Syntaxシンタックス errorエラー文法ぶんぽうエラーです表示ひょうじわって、意味いみかりやすくなりました。ついでに、Okオーケー完了かんりょうわっていることかります。

次のページでは、エラーが発生はっせいしたときに、命令めいれい修正しゅうせいする方法ほうほうについて説明せつめいします。

目次へ  前のページへ (1) (2) (3) (4) 次のページへ
Arduino 電子工作
このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
こちらのページもおすすめです。