「ブリックサイズ」の解説

このページをスマホなどでご覧になる場合は、画面を横長にする方が読みやすくなります。
2020年01月07日 更新。
用語:ブリックサイズ
このページで解説している他の用語:1ブリックフルブリック1/2ブリックハーフブリック1/4ブリッククオーターブリック1/8ブリックエイスブリック

ブリックサイズ(brick size)とは、主に通信機器業界でよく使われる、基板搭載型(オンボードタイプ)のDC/DCコンバータの、標準的なケースサイズの事です。基準となる1ブリック(1 brick)あるいはフルブリック(full brick)は長さ4.6インチ×幅2.4インチ×高さ0.5インチ(長さ116.8mm×幅61.0mm×高さ12.7mm)のケースを指します。

ブリックは元々レンガを表します。直方体のDC/DCコンバータがレンガの形に似ているので、それをケースの大きさの呼称に使ったのだと推察されます。(長さ4.6インチ×幅2.4インチ×高さ0.5インチは小ぶりのレンガです)

1ブリック、1/2ブリック、1/4ブリック、1/8ブリックなどと、DC/DCコンバータのケースに標準サイズを設ける事で、DC/DCコンバータのメーカー間の相互交換がしやすい様にするための、通信機器業界のデファクトスタンダードになっています。

目次

1. ブリックサイズの種類 … 1ページ
2. 同一ブリックサイズの複数のDC/DCコンバータを比較してみる … 1ページ

1.ブリックサイズの種類

1ブリック(フルブリック)以外にも、1/2ブリック(1/2 brick)またはハーフブリック(half brick)、1/4ブリック (1/4 brick)またはクオーターブリック(quarter brick)、1/8ブリック(1/8 brick)またはエイスブリック(eighth brick)という具合に、等比的に面積がおおよそ半分ずつに小さくなったケースサイズも使用されます。

Power ElectronicsというサイトのPower Management, Chapter 4: Power Supply Packagesというページによると、標準的に使われるブリックサイズのDC/DCコンバータの寸法は、表1の様になっています。

表1、Power ElectronicsのPower Management, Chapter 4: Power Supply Packagesで紹介されているブリックサイズの一覧
種類 長さ 高さ
1ブリック
4.60インチ(116.8mm)
2.40インチ(61.0mm)
0.5インチ(12.7mm)
3/4ブリック 3.45インチ(87.6mm) 2.40インチ(61.0mm) 0.5インチ(12.7mm)
1/2ブリック 2.40インチ(61.0mm) 2.28インチ(58.4mm) 0.5インチ(12.7mm)
1/4ブリック 2.28インチ(58.4mm) 1.45インチ(36.8mm) 0.5インチ(12.7mm)
1/8ブリック 2.28インチ(58.4mm) 0.9インチ(22.9mm) 0.5インチ(12.7mm)
1/16ブリック 1.65インチ(41.9mm) 0.8インチ(20.3mm) 0.5インチ(12.7mm)

注:表1の引用元にはインチ単位のサイズしか書かれていません。括弧つきで書いたmm単位のサイズは、筆者がインチ単位の数字に25.4を掛け、小数点以下2桁目を四捨五入して計算しました。

注意しなければならないのは、製造元によって、同じブリックサイズの表記でも、インチサイズ(あるいはmmサイズ)で表わした大きさが、少し違う事です。

TDK Lambda UKの用語集のFull BrickHalf BrickQuarter BrickEighth Brick、およびSixteenth Brickの各項目に載っているサイズをまとめた物を、表2に示します。

表2、TDK Lambda UKの用語集に載っているブリックサイズの一覧
種類 長さ
1ブリック
116.8mm(4.6インチ)
61mm(2.4インチ)
1/2ブリック 61mm(2.4インチ) 57.9mm(2.28インチ)
1/4ブリック 57.9mm(2.3インチ) 36.8mm(1.5インチ)
1/8ブリック 57.9mm(2.3インチ) 22.8mm(0.9インチ)
1/16ブリック 33mm(1.3インチ) 22.9mm(0.9インチ)

注:表2においては、引用元に高さは記されていませんでした。また、長さと幅については、引用元にmm単位とインチ単位の数値が併記されていましたので、それをそのまま引用しています。

表2に基づき、1ブリックから1/16ブリックまでの相対的な大きさを比較した図を、図1に示します。また図1をクリックすると、A4サイズの実寸大のPDFファイルとして表示します。

図1、1ブリックから1/16ブリックまでの相対的な大きさの比較
↑ 画像をクリックするとPDFファイルで表示
図1、1ブリックから1/16ブリックまでの相対的な大きさの比較

この図は表2に基づいて、各ブリックサイズの長さと幅を示した物です。

この図は、個人または会社等の団体内で自由にご利用いただけますが、この図またはこの図を加工した図を2次配布する事は禁止します。クリックして表示/ダウンロードされるPDFファイルも、2次配布を禁止します。

2.同一ブリックサイズの複数のDC/DCコンバータを比較してみる

1/4ブリックの2種類のDC/DCコンバータの外形図を比較してみます。

COSELCHS700という型番のDC/DCコンバータの外形寸法図を、同製品のデータシートから引用した物を図2に示します。

図2、COSELのCHS700(1/4ブリック)の外形寸法図
図2、COSELのCHS700(1/4ブリック)の外形寸法図

TDKラムダCN50A110-12という型番のDC/DCコンバータの外形寸法図を、同製品のデータシートから引用した物を図3に示します。

図3、TDKラムダのCN50A110-12(1/4ブリック)の外形寸法図
↑ 画像をクリックすると拡大
図3、TDKラムダのCN50A110-12(1/4ブリック)の外形寸法図

同じ1/4ブリックのDC/DCコンバータであるにも関わらず、CHS700のケースのサイズ(58.4mm×36.8mm)とCN50A110-12のケースのサイズ(57.9mm×36.8mm)が微妙に違うのも気になりますが、それ以上に、ピン配置が異なる点が、両DC/DCコンバータを置き換える際の障害になります。この様に、同じブリックサイズでも、ピン配置が違うDC/DCコンバータがあるので、置き換えの予定がある場合は、ピン配置を事前に良く調べる必要があります。


関連ページ

Arduino 電子工作
このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
こちらのページもおすすめです。