しなぷすのハード製作記

GetCodeMode関数

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

書式

PDecodeFunc GetCodeMode(void)

対応オブジェクト型

対応バージョン

Ver 0.32以降

説明

print関数、println関数、GetChar関数などで文字列を表示する際に使う文字エンコードの方法を取得する。

引数

なし。

返り値

正常に文字エンコードのモードが取得できた場合はMGLCD_CODE_STRAIGHTまたはMGLCD_CODE_UTF8が返る。文字エンコードのモードの取得に失敗した場合はNULLが返る。(PDecodeFunc型はポインタであることに注意)

使用例

#include <MGLCD.h>

MGLCD_serial MGLCD(&Serial,500000);

// 文字エンコードのモードを取得し、表示する
void PrintCodeMode()
{
  PDecodeFunc CodeMode;

  CodeMode=MGLCD.GetCodeMode();
  if       (CodeMode==MGLCD_CODE_STRAIGHT) {
    MGLCD.print("MGLCD_CODE_STRAIGHT");
  } else if(CodeMode==MGLCD_CODE_UTF8    ) {
    MGLCD.print("MGLCD_CODE_UTF8");
  } else { // モードの取得に失敗したか、不明なモードだった
    MGLCD.print("unknown mode");    
  }
} // PrintCodeMode

void setup()
{
  while(MGLCD.Reset());
}

void loop()
{
  MGLCD.ClearScreen();
  MGLCD.println("Changing mode to ");
  MGLCD.println("MGLCD_CODE_STRAIGHT");
  MGLCD.SetCodeMode(MGLCD_CODE_STRAIGHT);
  MGLCD.println("Current mode is");
  PrintCodeMode();
  delay(5000);

  MGLCD.ClearScreen();
  MGLCD.println("Changing mode to ");
  MGLCD.println("MGLCD_CODE_UTF8");
  MGLCD.SetCodeMode(MGLCD_CODE_UTF8);
  MGLCD.println("Current mode is");
  PrintCodeMode();
  delay(5000);
}
写真1、実行画面1
写真1、実行画面1
写真2、実行画面2
写真2、実行画面2
ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記