しなぷすのハード製作記

print関数

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

書式

Serial.print関数に準じる。

対応オブジェクト型

対応バージョン

Ver. 0.22以降

説明

ハードウェアシリアルで出力する際に使うSerial.print関数と同じ機能を、MGLCDライブラリで使う場合に使用する関数である。

LCDに人が読めるASCIIテキストとしてデータを表示する。引数の型に応じて、色々な働きをする。整数型を引数に取ると、人が読める形で数字を表示する。浮動小数点型を引数に渡すと、デフォルトで小数点以下2桁の小数としてする。byte型は、一文字として表示する。char型と文字列はそのまま表示する。

整数型と浮動小数点型を第1引数に渡す場合、オプションの第2引数を指定することもできる。整数型が第1引数の場合、第2引数で基数を指定する事ができる。使える基数はBIN(2進数)、OCT(8進数)、DEC(10進数)、HEX(16進数)である。浮動小数点型が第1引数の場合、オプションの第2引数で、小数点以下の桁数を指定できる。

また、Fマクロを使うことにより、フラッシュメモリに格納した文字列を渡すこともできる。

詳細については使用例と、ArduinoオフィシャルページのSerial.print関数の説明を参照すること。

引数

Serial.print関数に準じる。

返り値

表示した文字数を返す。

使用例

#include <MGLCD.h>

MGLCD_serial MGLCD(&Serial,500000); // Serialを500kbpsで使う

void setup()
{
  while(MGLCD.Reset()); // LCDの初期化

  MGLCD.print(78); // "78"を表示
  MGLCD.print(' ');
  MGLCD.print(1.23456); // "1.23"を表示
  MGLCD.print(' ');
  MGLCD.print('N'); // "N"を表示
  MGLCD.print(' ');
  MGLCD.print("Arduino"); // "Arduino"を表示
  MGLCD.println();

  MGLCD.print(78,BIN); // "1001110"を表示
  MGLCD.print(' ');
  MGLCD.print(78,OCT); // "116"を表示
  MGLCD.print(' ');
  MGLCD.print(78,DEC); // "78"を表示
  MGLCD.print(' ');
  MGLCD.print(78,HEX); // "4E"を表示
  MGLCD.println();

  MGLCD.print(1.23456,0); // "1"を表示
  MGLCD.print(' ');
  MGLCD.print(1.23456,2); // "1.23"を表示  
  MGLCD.print(' ');
  MGLCD.print(1.23456,4); // "1.2346"を表示  
  MGLCD.println();

  MGLCD.print(MGLCD.print(F("Hello World! "))); // "Hello World! 13"を表示
}

void loop()
{
}
写真1、実行画面
写真1、実行画面
ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記