しなぷすのハード製作記

I/Oピン一つで読めるキーパッドの設計サービス

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
2015年06月05日 公開。
2015年11月18日 サンプルスケッチ内のコメントに誤りがあったのを訂正。
2015年12月01日 E48系列に対応。
I/Oピン一つで読めるキーパッドの製作例
I/Oピン一つで読めるキーパッドの製作例

I/Oピン一つで読めるキーパッドは、簡単かつ安価な回路で、マイコンのアナログ入力ピン一つを使って、多くのキーを読み取れる、便利な回路なのですが、 抵抗分圧器を使った、多くのスイッチのセンシングの記事でも説明したとおり、抵抗値を求める方法が、少々難しいのが難点です。

そこで、設計条件を入力すれば抵抗値を自動的に求めるWebサービスを開始すれば、より多くの人に利用していただけるのではないかと思い、開設したのが、この設計サービスです。

設計パラメータを入力すると、設計したキーパッドの抵抗値の他に、抵抗分圧器の特性の分析結果や、設計したキーパッドをArduinoで使うサンプルスケッチも出てきます。電子回路に詳しくなくても、とりあえず、指定された抵抗値でキーパッドを作り、サンプルスケッチをArduinoで動かせば、キーを読み取る事ができます。

サンプルスケッチは、Arduino Uno/Leonardo/Mega 2560などの、多くの8ビット系Arduinoで動作します。

なお、サンプルスケッチを動作させるには、ResKeypadというライブラリが必要です。ライブラリのインストール方法については、ResKeypadライブラリのページをご覧ください。

設計パラメータの入力

設計パラメータを設定して、計算ボタンをクリックしてください。下に計算結果が表示されます。

設計パラーメータ 設定値 備考
スイッチの数 2~100の範囲で設定してください。
抵抗の精度 % 0~20%の範囲で設定してください。
R1 0.1~1000kΩの範囲で設定してください。回路を理論どおりに動作
させるには、R1をアナログ入力ピンの入力インピーダンスよりも十
分低く設定する必要があります。数kΩに設定すれば、たいていの
マイコンで問題なく動作します。
使用するE系列 「丸めなし」を選択すると、抵抗値をE系列に丸めず、厳密解を求め
ます。
設計パラメータの入力に戻る
ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

このページで使われている用語の解説

関連ページ

関連製品

I/Oピン一つで読める4X4キーパッドキット 商品名 I/Oピン一つで読める4X4キーパッドキット
税抜き小売価格 750円
販売店 スイッチサイエンス 三月兎
サポートページ
I/Oピン一つで読める4X4キーパッド(完成品) 商品名 I/Oピン一つで読める4X4キーパッド(完成品)
税抜き小売価格 1150円
販売店 スイッチサイエンス 妙楽堂
サポートページ
I/Oピン一つで読める4X5キーパッドキット 商品名 I/Oピン一つで読める4X5キーパッドキット
税抜き小売価格 2000円
販売店 スイッチサイエンス 妙楽堂
サポートページ
このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記