しなぷすのハード製作記

Reset関数

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

書式

int8_t Reset(uint8_t invert=MGLCD_NON_INVERT, uint8_t scroll=MGLCD_SCROLL)

対応オブジェクト型

対応バージョン

Ver. 0.22以降

説明

LCDを初期化する。通常は、MGLCDライブラリを使い始める時に一度だけReset関数を呼べばよいが、複数回Reset関数を呼んでも問題はない。

Arduinoに直接LCDがつながっている場合はLCDの初期化に必ず成功するが、シリアル回線経由でつながっているLCDの初期化の場合、回線に問題が発生したり、LCD制御用マイコンの初期化が起動の途中である場合に、初期化が失敗することがある。初期化に失敗した場合は、初期化に成功するまでReset関数を呼び続けることで、問題に対処できる場合がある。

Reset関数は、LCDの初期化に成功すると0を、初期化に失敗すると負の数を返す。

Arduinoに直接LCDがつながっている場合は

MGLCD.Reset();

と、Reset関数を1度呼ぶだけでも良い。

一方、シリアル回線経由でLCDがつながっている場合は、例えば

while(MGLCD.Reset());

などと、Reset関数の呼び出しが成功するまでリトライすべきである。なお、Arduinoに直接LCDがつながっている場合に

while(MGLCD.Reset());

と記述しても、特に弊害がないため、色々なLCDに対応するスケッチを書く場合は、Reset関数の呼び出しは、リトライするようにすれば良い。

Reset関数には1つまたは2つの引数を取ることができる。

引数invertは画面を白黒反転するかどうかを表わし、MGLCD_INVERT(反転する場合)あるいはMGLCD_NON_INVERT(反転しない場合)を取る。引数invertを省略すると、MGLCD_NON_INVERTを設定したのと同じになる。

引数scrollは最終行で改行した場合に画面をスクロールするかどうかを表わし、MGLCD_NON_SCROLL(スクロールしない場合)あるいはMGLCD_SCROLL(スクロールする場合)を取る。引数scrollを省略すると、MGLCD_SCROLLを指定したのと同じになる。

引数

返り値

LCDの初期化に成功すれば0を、失敗すれば負の値を返す。

使用例

while(MGLCD.Reset(MGLCD_INVERT,MGLCD_SCROLL));
ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記