しなぷすのハード製作記

SetPixel関数

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

書式

int8_t SetPixel(uint8_t x, uint8_t y, uint8_t color=1)

対応オブジェクト型

対応バージョン

Ver. 0.22以降

説明

座標(x,y)にcolorで指定した色で点を打つ。colorが0なら白い点を、1なら黒い点を打つ。 (ただし、MGLCD_INVERTモードの場合は逆) colorの指定を省略すると、1を指定したのと同じになる。

引数

返り値

点を打つのに成功すると0を、失敗すると負の数を返す。

点の座標が画面の範囲外であったり、colorが0でも1でもなければ、点を打つのに失敗する。また、シリアル回線経由でLCDがArduinoにつながっている場合、回線の状態によっては点を打つのに失敗する。

使用例

MGLCD.SetPixel(10,20);
写真1、実行結果
写真1、実行結果
ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記