しなぷすのハード製作記

AQM1248Aを使ったArduino用シールド2種(2)

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
目次へ  前のページへ (1) (2) 次のページへ
2016年06月22日 公開。

3.74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールド

ArduinoでグラフィックLCDを動かす(AQM1248A編)(5)図32および図33に示した、74AHC244を用いたレベル変換回路、およびAQM1248Aとリセット用のタクトスイッチを搭載したシールドを製作しました。

3-1.回路図と部品表

製作したシールドの回路図を図2に、部品表を表5に示します。

図2、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの回路図
↑ 画像をクリックするとPDFファイルで表示
図2、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの回路図
表5、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの部品表
部品番号 数量 品名 型番/仕様 備考
C1 1 セラミックコンデンサ 0.1μF、50V U1の近くに配置。
SW1 1 タクトスイッチ 6mm角  
CN1、CN2 2 ピンヘッダ 2.54mmピッチ、1×6ピン  
CN11 1 ピンヘッダ 2.54mmピッチ、1×7ピン 1×40ピンのピンヘッダを切断して使用。このピンヘッダは、AQM1248Aの信号線をロジックアナライザで観察するために使用する。
CN9、CN10 2 ピンヘッダ 2.54mmピッチ、1×8ピン 1×40ピンのピンヘッダを切断して使用。SDAとSCLの配線もする場合は、CN9に1×10ピンのピンヘッダを使用する。
CN5 1 ピンヘッダ 2.54mmピッチ、2×3ピン 2×40ピンのピンヘッダを切断して使用。
CN3、CN4 2 ピンソケット  2.54mmピッチ、1×6ピン
CN7、CN8 2 ピンソケット 2.54mmピッチ、1×8ピン SDAとSCLの配線もする場合は、CN7に1×10ピンのピンソケットを使用する。
CN6 1 ピンソケット 2.54mmピッチ、2×3ピン 分割ロングピンソケット2×42を切断して使用。 
U1 1 汎用ロジック SN74AHC244N  ICソケットを使わずに、直接実装しても良い。
LCD1 1 LCDモジュール 超小型グラフィックLCDピッチ変換キット AQM1248A超小型グラフィックLCD用ピッチ変換基板のセット。
  1 ユニバーサル基板  Arduinoのシールド用 CN6が正しいSPIヘッダの位置に実装できるユニバーサル基板を選ぶこと。
  2 ジャンパピン 2.54mmピッチ  CN5に挿入して使用。ハードウェアSPIソフトウェアSPIの切り替えに用いる。

3-2.シールドの組み立て方

製作したシールドの外観を写真10~12写真に示します。

写真10、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの外観(上面)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真10、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの外観(上面)
写真11、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの外観(下面)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真11、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの外観(下面)
写真12、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの外観(側面)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真12、74AHC244を用いたレベル変換回路を使ったシールドの外観(側面)
左隅に写っているのは、基板を固定するためのクリップ。

部品番号とピン番号を記入した写真を写真に示します。

写真13、部品配置
↑ 画像をクリックすると拡大
写真13、部品配置

CN1とCN3は回路図上では6ピンだが、実際には8ピンの部品を実装している。もちろん6ピンの部品を実装しても正しく動作する。

CN9は回路図上では8ピンだが、実際には10ピンの部品を実装している。もちろん8ピンの部品を実装しても正しく動作する

CN7とCN8は、回路図上では別々の部品だが、実際の基板では、ユニバーサル基板のパターンの関係で、連結して一つの部品としている。他のユニバーサル基板を使う場合は、別々の部品として実装するべき場合もある。

シールドは、妙楽堂で販売しているArduinoユニバーサル基板を使用しました。

前のページで作った抵抗分圧型レベル変換回路を使ったシールドでは、サンハヤト製のUB-ARD01WHというユニバーサル基板を使用しましたが、このユニバーサル基板を使うと、CN6の2×3ピンのピンソケットが正しい位置に実装できません。そのため、ArduinoのSPIヘッダ(ISCPヘッダ)と正しく嵌合しなくなります。

当方では試していませんが、おそらくスイッチサイエンスのArduino用バニラシールド基板ver.2でも正しい位置にCN6を実装できると思います。

配線は、0.4mmのすずめっき線と0.2mmのUEW(ポリウレタン線)を使いました。(写真11と写真7を参照)

写真7(再掲)、すずめっき線とUEW(ポリウレタン線)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真7(再掲)、すずめっき線とUEW(ポリウレタン線)

ユニバーサル基板上に、回路図通り配線をしていけば、シールドが完成します。

LCD1の超小型グラフィックLCDピッチ変換キットは、ピッチ変換キットに付属のピンヘッダで、直接ユニバーサル基板にはんだ付けしました。ピッチ変換基板の左端の7ピンだけで、ピッチ変換基板を支える事になるため、秋月電子の細ピンヘッダ1×40を3ピン分切って、さらに長い方のピンをニッパで切り取り、ピッチ変換基板の右側を支えています。(写真14と写真15を参照)

写真14、AQM1248Aの裏側の細ピンヘッダの位置
↑ 画像をクリックすると拡大
写真14、AQM1248Aの裏側の細ピンヘッダの位置
写真15、細ピンヘッダがAQM1248Aの基板を支えている様子
↑ 画像をクリックすると拡大
写真15、細ピンヘッダがAQM1248Aの基板を支えている様子

U1の74AHC244は、今回はICソケットを使って実装しましたが、基板に直付けしても問題ありません。

CN1、CN2、CN9、CN10のピンヘッダと、CN6のピンソケットは、Arduinoとシールドの接続用です。基板の裏側に実装してください。

前のページで作った抵抗分圧型レベル変換回路を使ったシールドでは、リード長10mmのピンソケットを使用しましたが、このピンソケットはリードが薄くて曲がりやすいため、今回はピンソケットとピンヘッダに分けて実装する事にしました。その分、部品点数やはんだ付けの箇所が増えています。

CN7とCN8は、便宜上別の部品として書いていますが、妙楽堂のArduinoユニバーサル基板を使う場合は、1×16ピン(または1×18ピン)の1つのピンソケットを使います。また、妙楽堂の基板には、CN9にSDAとSCLのピンも付けられるようになっていますので、それらを使う場合は、CN7とCN9は、それぞれ1X10ピンのピンソケットと1X10ピンのピンヘッダにします。(今回私の作ったシールドは、CN7とCN9が1×10ピンになっています)

3-3.回路の説明

ArduinoとAQM1248Aを接続するためのレベル変換回路として、ArduinoでグラフィックLCDを動かす(AQM1248A編)(5)図32および図33の回路を使っています。これらの回路は5VのArduinoにも3.3VのArduinoにも対応しています。

図32の結線にするか図33の結線にするかを選択できる様に、CN5の2×3ピンのピンヘッダを設けました。CN5にはジャンパピン(ショートソケット)を2つ接続し、その接続の仕方によって、ハードウェアSPIとソフトウェアSPIを選択します。

特にソフトウェアSPI接続でなければいけない理由がないならば、ハードウェアSPI接続にしておくといいでしょう。その方が、Arduinoの11番ピンと13番ピンが空くので、使いやすいと思います。

CN5のジャンパピンの設定方法を、表6と写真16および写真17に示します。

表6、CN5のジャンパピンの設定方法
ジャンパピンを挿入する
ピンの番号
SPIインターフェースの
動作モード
3-5、4-6 ハードウェアSPI
1-3、2-4 ソフトウェアSPI
写真16、ハードウェアSPI接続時のジャンパピンの設定
↑ 画像をクリックすると拡大
写真16、ハードウェアSPI接続時のジャンパピンの設定
CN5の3番ピンと5番ピンの間、および4番ピンと6番ピンの間にジャンパピンを挿入すると、ハードウェアSPI接続になる。
写真17、ソフトウェアSPI接続時のジャンパピンの設定
↑ 画像をクリックすると拡大
写真17、ソフトウェアSPI接続時のジャンパピンの設定
CN5の1番ピンと3番ピンの間、および2番ピンと4番ピンの間にジャンパピンを挿入すると、ソフトウェアSPI接続になる。

4.組み立てたシールドの動作試験をするためのスケッチについて

シールドを組み立てた後に、正常にシールドが動作する事を確認するために便利な、デモ用のスケッチが、MGLCDライブラリ(およびMGLCD_SPIライブラリ)に付属しています。

ハードウェアSPI接続の場合は、Arduino IDEファイル→スケッチの例→MGLCD_SPI→MGLCD_AQM1248A_SPI→demoメニューを選択してください。デモ用のスケッチが開きます。(図3参照)

図3、ハードウェアSPI接続の場合のデモスケッチの開き方
図3、ハードウェアSPI接続の場合のデモスケッチの開き方

ソフトウェアSPI接続の場合は、Arduino IDEでファイル→スケッチの例→MGLCD→MGLCD_AQM1248A_SoftwareSPI→demoメニューを選択してください。デモ用のスケッチが開きます。(図4参照)

注:前のページで説明した抵抗分圧型レベル変換回路を使ったシールドの場合は、必ずソフトウェアSPI接続になります。

図4、ソフトウェアSPI接続の場合のデモスケッチの開き方
図4、ソフトウェアSPI接続の場合のデモスケッチの開き方

デモスケッチを実行すると、写真18~写真23の様な画面が表示されます。

写真18、デモスケッチの画面(1)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真18、デモスケッチの画面(1)
写真19、デモスケッチの画面(2)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真19、デモスケッチの画面(2)
写真20、デモスケッチの画面(3)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真20、デモスケッチの画面(3)
写真21、デモスケッチの画面(4)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真21、デモスケッチの画面(4)
写真22、デモスケッチの画面(5)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真22、デモスケッチの画面(5)
写真23、デモスケッチの画面(6)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真23、デモスケッチの画面(6)

5.LCDの画面を制御するスケッチの作り方

LCD(AQM1248A)の画面を制御するスケッチの作り方については、ArduinoでグラフィックLCDを動かす(AQM1248A編)(13)をご覧ください。

なお、2種類のシールドが使用するArduinoのピンを表7に示します。スケッチは、この表のピン接続に合わせてスケッチを作ってください。

表7、シールドが使用するArduinoのピン
ハードウェアSPI接続の場合 ソフトウェアSPI接続の場合
信号名 Arduinoのピン 信号名 Arduinoのピン
SCLK (SCK_PIN) SPI-3 SCLK (SCK_PIN) 13
SDI (MOSI_PIN) SPI-4 SDI (MOSI_PIN) 11
/CS (CS_PIN) 10 /CS (CS_PIN) 10
RS (DI_PIN) 9 RS (DI_PIN) 9

注1:前のページで説明した抵抗分圧型レベル変換回路を使ったシールドの場合は、必ずソフトウェアSPI接続になります。

注2:ハードウェアSPI接続の場合は、SCLK信号とSDI信号に割り当てるArduinoのピンを、スケッチで指定する必要はありません。

注3:Arduioのピンの配置については、ArduinoでグラフィックLCDを動かす(AQM1248A編)(3)図4図5を参照してください。

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
目次へ  前のページへ (1) (2) 次のページへ

このページで使われている用語の解説

関連ページ

関連製品

122X32モノクログラフィックLCDシールド 商品名 122X32モノクログラフィックLCDシールド
税抜き小売価格 3333円
販売店 スイッチサイエンス 妙楽堂
サポートページ
GLCD学習シールドキット 商品名 GLCD学習シールドキット
税抜き小売価格 1410円
販売店 スイッチサイエンス 妙楽堂 三月兎
サポートページ
このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記