しなぷすのハード製作記

Arduino用ブートローダ/スケッチライタ(完成品)サポートページ(2)

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
目次へ  前のページへ (1) (2) 次のページへ
Arduino用ブートローダ/スケッチライタ(完成品) 商品名 Arduino用ブートローダ/スケッチライタ(完成品)
税抜き小売価格 3000円
販売店 スイッチサイエンス
2017年03月07日 暫定公開
2017年03月29日 正式公開

5.本製品に含まれる物の一覧

写真8、本製品に含まれる物
↑ 画像をクリックすると拡大
写真8、本製品に含まれる物
ジャンパピンは、基板に装着した状態で出荷します。

本製品に含まれる物を次に示します。

表2、本製品に含まれる物の一覧表
数量 名称 備考 写真(クリックで拡大)
1 基板 Arduino用ブートローダ/スケッチライタ本体 基板
8 ジャンパピン 基板に装着した状態で出荷します。 ジャンパピン
4 樹脂スペーサ M3×6mm、両側メス 樹脂スペーサ
4 ネジ M3×5mm ネジ
広告

6.スペーサーの取り付け

購入後、まず最初に、基板の四隅の穴に樹脂スペーサを、ねじ止めしてください。ねじ止めにはプラスドライバーを使います。

写真9、樹脂スペーサのねじ止め
↑ 画像をクリックすると拡大
写真9、樹脂スペーサのねじ止め

樹脂スペーサが4つとも付くと、基板の裏側は、次の写真の様になります。

写真10、4つの樹脂スペーサが付いた状態
↑ 画像をクリックすると拡大
写真10、4つの樹脂スペーサが付いた状態

7.使い方

使い方については、Arduino用ブートローダ/スケッチライタの製作(5)の記事に詳しく載っていますので、そちらをご覧ください。

使い方の解説記事に載っているのは、本製品ではなくキット版の基板の使い方ですが、キット版の基板も、本製品の基板も、同じ働きをするコネクタ・スイッチ・LEDには、同じ部品番号を付けてあります。(例えばLED1は、キット版でも、本製品でも、電源が入っていることを示すLEDです) そのため、キット版のと同じ方法で本製品を使うことができます。

また、部品の配置を、キット版と本製品で極力そろえてあります。参考のため、キット版の基板と本製品の基板のスイッチやコネクタの配置を、写真で比較しておきます。

写真11、キット版の部品配置
↑ 画像をクリックすると拡大
写真11、キット版の部品配置
写真12、本製品の部品配置
↑ 画像をクリックすると拡大
写真12、本製品の部品配置
本製品には、キット版にはないCN10というコネクタがありますが、これは基板製造時に使う物であり、ユーザーが使う事はありません。

8.問い合わせ先

もし、輸送上のトラブルが発生した場合は、委託販売業者にご連絡願います。

技術的な問題などが発生した場合は、こちらのフォームからメールをいただきますよう、お願いします。その際、メールのタイトルは「ブートローダ/スケッチライタキットについて」としてください。

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
目次へ  前のページへ (1) (2) 次のページへ

関連ページ

関連製品

Arduino用ブートローダ/スケッチライタキット 商品名 Arduino用ブートローダ/スケッチライタキット
税抜き小売価格 2200円
販売店 スイッチサイエンス 妙楽堂
サポートページ
Arduino Uno用ブートローダスケッチライタシールドキット 商品名 Arduino Uno用ブートローダスケッチライタシールドキット
税抜き小売価格 1200円
販売店 スイッチサイエンス
サポートページ
AVRマイコンICSP用6Pケーブル 商品名 AVRマイコンICSP用6Pケーブル
税抜き小売価格 160円
販売店 スイッチサイエンス
サポートページ
M3×6mm両側メススペーサ・M3X5mmネジ 各4本セット 商品名 M3×6mm両側メススペーサ・M3X5mmネジ 各4本セット
税抜き小売価格 100円
販売店 スイッチサイエンス
サポートページ
このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
こちらのページもおすすめです。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記