「LCDモジュール」の解説

このページをスマホなどでご覧になる場合は、画面を横長にする方が読みやすくなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月10日 更新。
用語:LCDモジュール
略語の完全な表記:Liquid Crystal Display module
同義語・類義語:液晶モジュール
概要

LCDモジュール液晶モジュールとも呼ばれ、液晶ディスプレイを構成する液晶パネル駆動回路電源回路バックライト用光源などの部品を、一つの部品として集積した物を指します。

LCDモジュールは、比較的安価で、薄型、低消費電力なので、組み込み機器の他、電子工作の部品としてもよく使われます。

文字を表示するのに特化したキャラクタLCDモジュール(写真1)と図形やイラストなども表示できるグラフィックLCDモジュール(写真2)に大別できます。

また、駆動回路などの集積の仕方によって、プリント基板を使うCOB型と液晶パネルのガラス基板上に集積してしまうCOG型に分類されます。(写真3参照)

詳細については、液晶ディスプレイの項をご覧ください。

写真1、マイコンでキャラクタLCDモジュールを制御した例
↑ 画像をクリックすると拡大
写真1、マイコンでキャラクタLCDモジュールを制御した例
写真2、グラフィックLCDモジュールを搭載したArduino用のシールドの例
↑ 画像をクリックすると拡大
写真2、グラフィックLCDモジュールを搭載したArduino用のシールドの例
写真3、COB型(左)とCOG型(右)のLCDモジュール
↑ 画像をクリックすると拡大
写真3、COB型(左)とCOG型(右)のLCDモジュール
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連用語

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
こちらのページもおすすめです。