「グラフィックLCDモジュール」の解説

このページをスマホなどでご覧になる場合は、画面を横長にする方が読みやすくなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月20日 更新。
用語:グラフィックLCDモジュール
略語の完全な表記:graphic Liquid Crystal Display module
同義語・類義語:グラフィック液晶モジュールGLCD
概要

グラフィックLCDモジュールドットマトリックス方式LCDモジュールの内、1画素単位で制御でき、主に図形の表示を目的に使われる物を指します。グラフィック液晶モジュールGLCDとも呼びます。

文字の表示しかできないキャラクタLCDモジュールと比較すると、柔軟で多彩な表示ができる利点はありますが、文字情報を表示する場合でも、文字のフォントをビットマップ情報として転送する必要があり、プログラムが複雑化する欠点があります。

詳細については、液晶ディスプレイの項をご覧ください。

写真1、グラフィックLCDモジュールを搭載したArduinoのシールドの例
↑ 画像をクリックすると拡大
写真1、グラフィックLCDモジュールを搭載したArduinoのシールドの例
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連用語

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
こちらのページもおすすめです。