しなぷすのハード製作記

128×64モノクログラフィックLCDシールドサポートページ(1)

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
目次へ  前のページへ (1) (2) (3) (4) (5) (6) 次のページへ
128×64モノクログラフィックLCDシールド 商品名 128×64モノクログラフィックLCDシールド
税抜き小売価格 3000円
販売店 スイッチサイエンス
2016年06月26日 暫定公開。
2016年08月18日 正式公開。
2016年08月19日 対応機種にGenuino 101を追加。
グラフィック表示をさせた例
↑ 画像をクリックすると拡大
グラフィック表示をさせた例
文字表示をさせた例
↑ 画像をクリックすると拡大
文字表示をさせた例

このページは、128×64モノクログラフィックLCDシールドをご購入いただいた方、あるいは、ご購入を検討いただいている方のためのサポートページです。

目次

1. 128×64モノクログラフィックLCDシールドとは? … 1ページ
2. 仕様、回路図 … 1ページ
3. 各部の名称と働き … 1ページ
4. 使用する前の準備作業 … 1ページ
4-1. 保護フィルムをはがす … 1ページ
4-2. MGLCDライブラリのインストール … 1ページ
5. 128×64モノクログラフィックLCDシールドの動作確認 … 2ページ
6. 128×64モノクログラフィックLCDシールドを制御するスケッチの作り方 … 3ページ
6-1. Hello, World!を画面に表示する … 3ページ
6-2. ヘッダファイルのインクルード … 3ページ
6-3. MGLCD_GH12864_20_SPI型オブジェクト変数の宣言 … 3ページ
6-4. 初期化処理 … 3ページ
6-5. 描画処理 … 3ページ
6-6. MGLCDライブラリの主な関数(テキスト表示編) … 4ページ
6-6-1. 内蔵フォント … 4ページ
6-6-2. print関数およびprintln関数 … 4ページ
6-6-3. ClearScreen関数 … 4ページ
6-6-4. Locate関数 … 4ページ
6-7. MGLCDライブラリの主な関数(グラフィック表示編) … 5ページ
6-7-1. グラフィック座標系 … 5ページ
6-7-2. SetPixel関数 … 5ページ
6-7-3. Line関数 … 5ページ
6-7-4. Rect関数 … 5ページ
6-7-5. FillRect関数 … 5ページ
6-7-6. Circle関数 … 5ページ
6-7-7. FillCircle関数 … 5ページ
6-7-8. Line関数を用いたデモスケッチ … 5ページ
6-8. MGLCDライブラリの主な関数(GH12864-20の固有機能編) … 6ページ
6-8-1. コントラスト調整機能に関する関数 … 6ページ
6-8-1-1. SetLcdBiasRatio関数 … 6ページ
6-8-1-2. SetVbiasPotentiometer関数 … 6ページ
6-8-1-3. コントラスト調整のサンプルスケッチ … 6ページ
6-8-2. 画面の白黒反転に関する関数 … 6ページ
6-8-2-1. InvertDisplay関数 … 6ページ
6-8-2-2. InvertDisplay関数のサンプルスケッチ … 6ページ
7. 問い合せ先 … 6ページ

1.128×64モノクログラフィックLCDシールドとは?

128×64モノクログラフィックLCDシールドは、128×64ピクセルのバックライト付きモノクログラフィックLCDモジュールを、Arduino用のシールドにしたものです。このシールドには、次の様な特徴があります。

2.仕様、回路図

注1:Arduino M0を使う場合は、Arduino IDE 1.7.10以降をご利用ください。

注2:Arduino Dueを使う場合は、Arduino IDE 1.6.XまたはArduino IDE 1.7.X(Xは任意の数字)をご利用ください。

注3:Genuino 101を使う場合は、Arduino IDE 1.6.7以降をご利用ください。

注4:消費電流は、実機のサンプルでMGLCD_SPIライブラリに付属のSpeedTestスケッチを動作させ、高負荷にした状態で測定しました。サンプルの実測値なので、全ての製品、全ての使用環境で保証している値ではありません。LCDよりもバックライトの消費電流の方がかなり大きいため、消費電流は、バックライトの明るさの設定によりほぼ決まります。

図1、液晶表示部の寸法
↑ 画像をクリックすると拡大
図1、液晶表示部の寸法
図2、使用するArduinoのピン
↑ 画像をクリックすると拡大
図2、使用するArduinoのピン
使用するArduinoのピンを赤色で示します。
図3、回路図
↑ 画像をクリックするとPDFファイルで表示
図3、回路図
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
しなぷす 作『128×64モノクログラフィックシールド』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

3.各部の名称と働き

128×64モノクログラフィックシールドの各部の名称を写真1と写真2に示します。また、各部の働きを表1に示します。

写真1、各部の名称(上面)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真1、各部の名称(上面)
写真2、各部の名称(下面)
↑ 画像をクリックすると拡大
写真2、各部の名称(下面)
表1、各部の働き
名称 働き
LCDモジュール LCD(液晶表示装置)を搭載した、このシールドの最も重要な部品。
表示部 LCDモジュール内の、図形や文字が表示される領域。
バックライトの輝度調整用可変抵抗 バックライトの明るさを調整するための可変抵抗(ボリューム)。プラスまたはマイナスのドライバで回して調整する。
ピンヘッダ(I/Oピン用) Arduinoとの接続用のピンヘッダ。
ピンソケット(SPI接続用) Arduinoとの接続用ピンヘッダ。 
ピンソケット(I/Oピン用) Arduinoの信号を外部に引き出すためのピンソケット 
リセットスイッチ Arduinoにリセットをかけるためのスイッチ。

4.使用する前の準備作業

4-1.保護フィルムをはがす

表示部には、組み立て時や輸送時に傷がつく事を防ぐための、透明な保護フィルムが付いています。使用する前に、はがしてください。(写真3参照)

写真3、保護フィルムをはがす
↑ 画像をクリックすると拡大
写真3、保護フィルムをはがす

注:保護フィルムをはがす場合は、表示部を傷つけないように、慎重に行ってください。

4-2.MGLCDライブラリのインストール

128×64モノクログラフィックLCDシールドを制御するスケッチを作るには、MGLCDライブラリMGLCD_SPIライブラリを利用します。

これらのライブラリのインストール方法は、MGLCDライブラリユーザーマニュアルに載っています。このページの方法に従って、Ver. 0.41以降のMGLCDライブラリとMGLCD_SPIライブラリをインストールしてください。

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
目次へ  前のページへ (1) (2) (3) (4) (5) (6) 次のページへ

このページで使われている用語の解説

関連ページ

関連製品

122X32モノクログラフィックLCDシールド 商品名 122X32モノクログラフィックLCDシールド
税抜き小売価格 3333円
販売店 スイッチサイエンス 妙楽堂
サポートページ
GLCD学習シールドキット 商品名 GLCD学習シールドキット
税抜き小売価格 1410円
販売店 スイッチサイエンス 妙楽堂 三月兎
サポートページ
このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記