しなぷすのハード製作記

複数のバージョンのArduino IDEをインストールする方法

ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー
2016年06月09日 公開。
スタート画面から、Arduino IDEのバージョンを選んで起動している様子
スタート画面から、Arduino IDEのバージョンを選んで起動している様子

この記事では、Windowsパソコンに複数のバージョンのArduino IDEをインストールする方法について説明します。

目次

1. はじめに … 1ページ
2. 複数のバージョンが共存できるArduino IDEのインストール法 … 1ページ
3. インストールしたArduino IDEの起動法 … 1ページ
4. デスクトップに起動用のショートカットを作成する方法 … 1ページ
5. スタート画面から起動できるようにする方法 … 1ページ
6. 古いバージョンのArduino IDEを入手する方法 … 1ページ
6-1. arduino.ccからArduino IDE 1.0.X、1.5.Xおよび1.6.Xを入手する方法 … 1ページ
6-2. arduino.orgからArduino IDE 1.0.X、1.5.Xおよび1.7.Xを入手する方法 … 1ページ

1.はじめに

Arduino LLCとArduino Srlが分裂して以降、使用するArduino/Genuinoの種類によって、Arduino IDE 1.6.XとArduino IDE 1.7.Xを使い分ける必要が出てきました。

参考:分裂以前から販売されているArduinoについては、Arduino IDE 1.6.XとArduino IDE 1.7.Xのいずれでも開発が行えます。

また、使用するライブラリによっては最新のArduino IDEで動作しない事があったり、Arduino IDEの仕様が変更されて、以前のバージョンとの互換性が一部失われる事もあります。

さらに、私の様にライブラリを開発している場合、色々なバージョンのArduino IDEで動作する事を確認する必要があります。

この様に、Arduino IDEは、最新のバージョン使うだけでは不十分で、状況によって複数のバージョンを切り替えて使いたい事がしばしばあります。

2.複数のバージョンが共存できるArduino IDEのインストール法

複数のバージョンが共存できるように、Arduino IDEをインストールする方法を説明します。ここでは、Arduino 1.6.Xをarduino.ccからダウンロードしてインストールする例について説明します。

まず、arduino.ccのサイトにアクセスします。

次に"Download"のタブをクリックして、ダウンロードのページに移動します。(図1参照)

図1、arduino.ccのサイトの"Download"タブをクリック
図1、arduino.ccのサイトの"Download"タブをクリック

Arduino IDE(arduino.ccの正式な呼び名は"Arduino Software")のダウンロード用リンクが現れますが、"Windows Installer"を選択せずに、"Windows ZIP file for non admin install"を選択します。(図2参照)

参考:"Windows ZIP file for non admin install"は、本来は管理者権限のないWindowsユーザがArduino IDEをインストールするためにある.zipファイルですが、今回は、複数のバージョンのArduino IDEを1台のWindowsパソコンにインストールする目的で利用します。

図2、"Windows ZIP file for non admin install"を選択
図2、"Windows ZIP file for non admin install"を選択
この記事を書いている時点では、Arduino IDE 1.6.9が最新バージョンだが、より新しいバージョンがリリースされたら、そのバージョンの番号がこの部分に表記されるはずである。

そうすると、寄付を募る画面が表示されます。寄付をしない場合は"JUST DOWNLOAD"を、寄付をする場合は"CONTRIBUTE & DOWNLOAD"を選択します。(図3参照)

図3、寄付の有無に応じて"JUST DOWNLOAD"か"CONTRIBUTE & DOWNLOAD"を選択
図3、寄付の有無に応じて"JUST DOWNLOAD"か"CONTRIBUTE & DOWNLOAD"を選択

そうすると、拡張子が.zipのファイルがダウンロードできます。(図4参照)

注:寄付をする場合は、ダウンロードの前に寄付金額や送金方法の入力などが必要です

図4、ダウンロードされた.ZIPファイル
図4、ダウンロードされた.ZIPファイル
1.6.9以外のバージョンのArduino IDEをダウンロードした場合は、ファイル名が異なる。

この.zipファイルは、Arduino IDEのファイルが単に圧縮されたものです。インストーラーは付属しませんので、インストール作業を自分でする必要があります。とはいっても、インストールは簡単です。

ZIPファイルの中身はフォルダが1つだけですが、それを分かりやすい場所、例えばC:\に展開してください。(図5参照) たったこれだけでインストールが完了です。

図5、.zipファイルをC:\に展開
図5、.zipファイルをC:\に展開
この図の例では、Arduino IDE 1.0.1、1.0.4、1.0.5などが既にインストールされている状態で、Arduino IDE 1.6.9を追加でインストールしている。
広告

3.インストールしたArduino IDEの起動法

インストールしたArduino IDEを起動するには、まず、インストール時に展開した.zipファイルの中身のフォルダをエクスプローラで開いてください。

そうすると、そのフォルダの中にarduino.exeというファイルがありますので、それをダブルクリックすると、Arduino IDEが起動します。(図6参照)

図6、arduino.exeをダブルクリックしてArduino IDEを起動する。
図6、arduino.exeをダブルクリックしてArduino IDEを起動する。
この図の場合は、"arduino-1.6.9"というフォルダの中のarduino.exeを起動しているので、Arduino IDE 1.6.9が起動する。

複数のバージョンのArduino IDEをインストールしている場合は、どのフォルダのarduino.exeを起動するかで、Arduino IDEのバージョンを選択できます。

4.デスクトップに起動用のショートカットを作成する方法

Arduino IDEを起動するのに、いちいちエクスプローラでフォルダを開くのが面倒な場合は、デスクトップに起動用のショートカットを作成する事もできます。ここではWindows 10を使っている事を前提に、その方法を説明します。

ショートカットを作るには、まずエクスプローラ上で、起動したいArduino IDEのarduino.exeを右クリックし、「ショートカットの作成」を選びます。(図7参照)

図7、arduino.exeのショートカットを作成する
図7、arduino.exeのショートカットを作成する

そうすると、"arduino.exe - ショートカット"というファイルができますから、これをリネーム(名前の変更)して、例えば"Arduino 1.6.9"など、バージョンの分かるファイル名にします。(図8参照)

図8、ショートカットの名称を、バージョンを含んだ物に変更
図8、ショートカットの名称を、バージョンを含んだ物に変更

"arduino.exe - ショートカット"を"Arduino 1.6.9"と、バージョンが分かる名称に変える。

正確には"arduino.exe - ショートカット.lnk"と、.lnkという拡張子が付いているが、Windows 10では表示されない模様。

最後に、リネーム後のショートカットを、デスクトップに移動します。(図9参照)

図9、ショートカットをデスクトップに移動
図9、ショートカットをデスクトップに移動

Arduino IDEを起動するには、デスクトップ上のショートカットをダブルクリックします。(図10参照)

図10、デスクトップ上のショートカットをダブルクリックしてArduino IDEを起動
図10、デスクトップ上のショートカットをダブルクリックしてArduino IDEを起動

5.スタート画面から起動できるようにする方法

先ほどデスクトップに設置したショートカットを右クリックし、「スタート画面にピン留めする」を選ぶと、スタート画面からArduino IDEを起動できるようになります。(図11、図12参照)

参考:スタート画面からArduino IDEを起動できればよく、デスクトップにショートカットが必要ない場合は、ショートカットをデスクトップに移動する前に、スタート画面にピン留めしても結構です。

図11、ショートカットをスタート画面にピン留めする
図11、ショートカットをスタート画面にピン留めする
図12、Arduino IDEがスタート画面から起動できるようになる
図12、Arduino IDEがスタート画面から起動できるようになる

よく使うバージョンのArduino IDE(のショートカット)を全てスタート画面にピン留めすれば、スタート画面から、すぐに起動したいバージョンのArduino IDEを起動できるようになります。この場合は、グループに"Arduino"などの名称を付けると分かりやすいでしょう。(図13参照)

図13、良く使うバージョンのArduinon IDEを全てスタート画面にピン留めした様子
図13、良く使うバージョンのArduinon IDEを全てスタート画面にピン留めした様子

6.古いバージョンのArduino IDEを入手する方法

6-1.arduino.ccからArduino IDE 1.0.X、1.5.Xおよび1.6.Xを入手する方法

1.0.X、1.5X、および1.6.X系列の古いArduino IDEを入手するには、まずarduino.ccダウンロードページにアクセスします。

参考:Arduino IDE 1.0.Xと1.5.Xはarduino.orgでも入手できます。

画面トップよりやや下にPREVIOUS RELEASESと書いたところがありますので、その下の"previous version of the current release"の部分をクリックすると、古いバージョンのArduino IDEのダウンロードページに移動します。(図14と図15を参照)

図14、"privious version of the current release"をクリック
図14、"privious version of the current release"をクリック
図15、古いバージョンのArduino IDEのダウンロードページ
図15、古いバージョンのArduino IDEのダウンロードページ

6-2.arduino.orgからArduino IDE 1.0.X、1.5.Xおよび1.7.Xを入手する方法

Arduino 1.0.X、1.5X、および1.7.X系列の古いArduino IDEを入手するには、まずarduino.orgのサイトにアクセスします。

参考:Arduino IDE 1.0.Xと1.5.Xはarduino.ccでも入手できます。

サイトのページの上部に"DOWNLOAD"と書いたリンクがありますので、クリックすると、ダウンロードページに移動します。(図16参考)

図16、"DOWNLOAD"をクリックする
図16、"DOWNLOAD"をクリックする

ダウンロードページの中ごろにPREVIOUS RELEASESと書いた部分がありますので、その下の"take a look here."の部分をクリックすると、古いバージョンのArduino IDEのダウンロードページに移動します。(図17と図18を参照)

図17、"take a look here."をクリック
図17、"take a look here."をクリック
図18、古いバージョンのArduino IDEのダウンロードページ
図18、古いバージョンのArduino IDEのダウンロードページ
ツイート
シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォロー

このページで使われている用語の解説

関連ページ

このサイトの記事が本になりました。
書名:Arduino 電子工作
ISBN:978-4-7775-1941-5
工学社の書籍の内容の紹介ページ
本のカバーの写真か書名をクリックすると、Amazonの書籍購入ページに移動します。
サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ用語集
しなぷすのハード製作記