Inkscapeで二点鎖線を引く方法

オープンソースのドローソフト、Inkscapeを図やイラストの作成に愛用しているのですが、先日、次の様な機械製図をしていてちょっと困りました。

2点鎖線を使った図

機械製図では二点鎖線を中心線などとして使います。分かりやすい様に、二点鎖線の部分のみを取り出して描くと、次の様になります。

二点鎖線 Inkscapeには一点鎖線を描く機能は標準で搭載されているので、二点鎖線も当然、標準機能で描けるものと思っていました。

今回は、Inkscapeで二点鎖線を描ける様にする方法について書きます。

なお、OSはWindows 10 64ビット版、Inkscapeのバージョンは0.92.4を使う事を前提に説明します。

広告

一点鎖線を描く方法

まずは、Inkscapeの標準機能で描ける、一点鎖線を描く方法を説明します。ちなみに、一点鎖線とは、次に示す線です。

一点鎖線

一点鎖線を描くには、Incscapeを起動して、用紙設定などを行ってから、ペンツールで直線(または曲線)を描きます。

ペンツールで直線を描く

次に、オブジェクト→フィル/ストロークメニューを選んで、フィル/ストロークのダイアログボックスを開き、ストロークのスタイルのタブをクリックします。

オブジェクト→フィル/ストロークメニュー

ストロークのスタイル

ここで、最初に描いた直線(または曲線)を選択状態にすると、ストロークのスタイルが変更できるようになります。ここで、線種を一点鎖線に変更すると、最初に描いた直線(または曲線が)一点鎖線になります。

線を選択

一点鎖線を選択

線が一点鎖線に変わる

以上の様に、一点鎖線が描けました。

私は、最初は、「線種で二点鎖線を選べば二点鎖線も簡単に描ける」と思い込んでいたのですが、実際にやってみると、線種にはデフォルト状態では二点鎖線がありませんでした。

線種に二点鎖線を追加する方法

結論からいうと、二点鎖線を描くには、線種に二点鎖線を追加すればいいのです。Inkscapeにはカスタムの線種を追加する機能が用意されています。ただ、その追加の方法が、すこしややこしいのです。

参考にしたページ

線種の追加の方法を調べるために、インターネットで色々検索しましたが、次のページが参考になりました。

参考リンク

参考リンクの1つ目(Custom Dash Styles)は、Inkscapeの公式フォーラムの投稿なのですが、投稿者が、「折り紙の折り図(説明図)の山折りの線をInkscapeで正しく書く方法を見つけた」として、その方法を解説したものです。

ちなみに、折り紙では、谷折りの線に破線、山折りの線に二点鎖線を使う習慣があります。

私が今書いている記事は、基本的にはInkscapeの公式フォーラムのCustom Dash Stylesに書いてある事を、丁寧に説明したものです。

ただ、Custom Dash Stylesの投稿は英文ですし、図を使わずに説明しているので、分かりにくいところがあります。また、この投稿の通りやってみたところ、一部うまくいかなかったところがありますので、訂正して説明します。

preference.xml

Inkscapeにはpreference.xmlというファイルがあり、このファイルを書き換えると、Inkscapeの動作を色々カスタマイズできます。

通常はpreference.xmlを直接書き換えるのではなく、編集→Inkscapeの設定メニューで開くInkscapeの設定ダイアログボックスで設定を変更します。

編集→インクスケープの設定メニューInkscapeの設定ダイアログボックス

しかし、このダイアログボックスでは設定できない項目も色々とあり、そういう項目の設定を変えたい場合は、preference.xmlを書き換える必要があります。線種の追加の場合も、preference.xmlを書き換える必要があります。

preference.xmlのあるフォルダ

先ほど紹介したCustom Dash Stylesの投稿では、Documents and Settings\USERNAME\Application Data\Inkscapeというフォルダにpreference.xmlがあると書いてありますが、これは古いOSの場合で、Windows 10の場合は、c:\ユーザー\(ユーザー名)\Application Data\Inkscapeに変わっています。

エクスプローラでそのフォルダを開くと、preference.xmlが見つかると思います。

preference.xmlを見つける

線種に二点鎖線を追加する手順

  1. Inkscapeを起動していたら、閉じます。
  2. c:\ユーザー\(ユーザー名)\Application Data\Inkscapeフォルダをエクスプローラで開き、preference.xmlを見つけます。
    preference.xmlを見つける
  3. preference.xmlをコピーし、バックアップします。(ここではバックアップファイルをpreference-original.xmlという名前にしています) バックアップを取るのは、preference.xmlの編集に失敗してInkscapeが正常に起動しなくなった場合の対処のためです。
    preference.xmlをバックアップする
  4. preference.xmlをサクラエディタなどのテキストエディタで開き、dashesグループ(<group id=”dashes”>と書いてある部分)を探します。
    dashグループを探す
  5. dashグループの最後に、下記の文字列を追加してpreference.xmlを保存します。
          <dash
             id="dash-8-2-1-2-1-2"
             style="stroke-dasharray:8,2,1,2,1,2" />
    

    dashグループに二点鎖線のエントリを追加

  6. Inkscapeを起動し、何か線を描いてみます。フィル/ストロークのダイアログボックスのストロークのスタイルのタブを見ると、線種に二点鎖線が追加されているのが分かると思います。二点鎖線が選択肢に追加されている

線種の設定に関する追加情報

二点鎖線を追加する時に、以下の文字列をpreference.xmlのdashグループに追加しました。

      <dash
         id="dash-8-2-1-2-1-2"
         style="stroke-dasharray:8,2,1,2,1,2" />

ここで3行目のstyle=”stroke-dasharray:8,2,1,2,1,2″の意味を考えてみましょう。

これは、線の幅を1として、長さ8の線を引き、長さ2の空間を空け、長さ1の線を引き、長さ2の空間を空け、長さ1の線を引き、長さ2の空間を空けるという意味です。これは、グリッドの間隔を1mmとして、幅1mmの二点鎖線の直線を描くと良く分かります。

ちなみに、id=”dash-8-2-1-2-1-2″の部分は、線種に名称を与えています。他の線種と名前が異なれば、dash-8-2-1-2-1-2の部分は、好きな名称に書き換えてもOKです。

この事が分かっていると、思い通りの線種を追加できます。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(計算結果を半角数字で入力してください) *