Arduino IDE 1.6.10でブートローダの書き込みに失敗する場合の対処法

今回は、Arduino IDE 1.6.10でブートローダを書き込もうとした場合に生じるエラーと、その対処法について書きます。

エラーの詳細

Arduino Uno用ブートローダライタシールドキットのユーザーからのメールで気が付いたのですが、Arduino IDE 1.6.10でツール→ブートローダを書き込むメニューでブートローダを書き込もうとした時に、

Arduino:1.6.10 (Windows 10), ボード:"Arduino/Genuino Uno"

***failed;  
avrdude: verification error, first mismatch at byte 0x0000
         0xfd != 0x05
avrdude: verification error; content mismatch
ブートローダの書き込み中にエラーが発生しました。

というエラーが出る事があるようです。 “Arduino IDE 1.6.10でブートローダの書き込みに失敗する場合の対処法”の続きを読む

キーマトリックス方式は偉大だった

明けましておめでとうございます。本年も、しなぷすのハード製作記をよろしくお願いします。

昨年末に、I2C接続の4×4キーパッドを試作した話を書きました。その時に、「PIC16F1823PIC16F1503に乗せ換えて、コストダウンをしたい」と書きましたが、本日、PIC16F1503を使ったキーパッドをユニバーサル基板で作ったら、無事動作しました。案の定、プログラムの変更はほとんどなしで、基板を動作させることができました。

PIC16F1503を搭載したI2C接続のキーパッド “キーマトリックス方式は偉大だった”の続きを読む

新しいブートローダ/スケッチライタの基板が届いた

Elecrowに注文していた、新しいブートローダ/スケッチライタの基板が届きました。

新しいブートローダ/スケッチライタの基板

この基板は、現行のArduino用ブートローダ/スケッチライタキットの基板を表面実装化した物です。 “新しいブートローダ/スケッチライタの基板が届いた”の続きを読む

I2C接続のキーパッドを試作

自作のマイコン回路にキー(スイッチ)をたくさんつけたい場合、I/Oピンをたくさん使うのが問題です。その問題を解決するためにアナログ入力ピン一つで読めるキーパッドを以前開発しましたが、A/D変換器を積んでいるマイコンでしか使えない欠点がありました。そこで今回、I2C接続のキーパッドを試作しました。

試作したI2C接続のキーパッド “I2C接続のキーパッドを試作”の続きを読む

作品撮影用にPENTAX Q-S1を買った

サイトやブログに電子工作で作った物の写真を載せるのに、今までビデオカメラのデジカメモードで撮影していたのですが、画質がいまいちなので、PENTAX Q-S1 ダブルズームキットを購入しました。

PENTAX Q-S1 ダブルズームキット

“作品撮影用にPENTAX Q-S1を買った”の続きを読む

EAGLEの基板エディタでairwireを簡単に見つける方法

私は基板設計にEAGLEを使っていますが、オートルータでの配線後にairwire(未配線で残ったネット)を探すのに苦労していました。先日、twitterでairwireを簡単に見つける方法を教えてもらったので、今日はその事について書きます。 “EAGLEの基板エディタでairwireを簡単に見つける方法”の続きを読む

ポンプのデザインに苦労した

私は以前にArduino 電子工作という、中級車向けの電子工作の本を書きましたが、今度は初心者向けの電子工作の本を書き始めています。

その本の中で、オームの法則を直感的に読者に理解してもらえるように、電流を水の流れに例えた、たとえ話をしようと考えています。 “ポンプのデザインに苦労した”の続きを読む

Raspberry Pi 3にOS(Raspbian)をインストールした

10月29日の記事にRaspberry Pi 3とDVI-D入力のディスプレイを接続するためのケーブルを購入した話を書きましたが、ようやく、Raspberry Pi 3にOS(Raspbian)をインストールしました。下の図は、Raspberry Pi 3で、しなぷすのハード製作記のトップページを開いたところのスクリーンショットです。

Raspberry Pi 3でしなぷすのハード製作記のトップページを閲覧 “Raspberry Pi 3にOS(Raspbian)をインストールした”の続きを読む

書籍「わかる!電子工作の基本100」のレビュー

今回は「わかる!電子工作の基本100」(遠藤敏夫著、秀和システム)の書評を書きます。

この本もAmazonではカスタマーレビューが17件も付いており、星も4つと評判のいい本です。内容を見ると、以前紹介した「作る・できる/基礎入門 電子工作の素」よりも平易に書かれており、より初心者向けの本になっています。 “書籍「わかる!電子工作の基本100」のレビュー”の続きを読む

広告