リコーの2019年度下期株主優待

しなぷすは、実はリコーの弱小株主です。先日、リコーから経営状況のレポートや配当金計算書と共に、株主優待の案内が郵送されてきました。

リコーと言えば、事務機器などのB to B事業を主にやっている会社ですが、B to C事業としてRICOHとPENTAXブランドのカメラや、PENTAXブランドの双眼鏡などを販売しています。

PENTAXファンの株主としては、年2回の株主優待でPENTAXのカメラ&レンズが優待価格で購入できるのが魅力ですよね。

今回は、リコーの2019年下期株主優待について書きます。

なお、この記事にはカメラやレンズなどの市場価格が出てきますが、この記事を書いた時点での価格だという事にお気を付けください。

株主様特別限定販売

リコーの全株主には、株主様特別限定販売という、特別価格でリコー製品が購入できるチャンスがあります。

リコーの株主様特別販売のチラシを貼っておきます。A3の大きなチラシなので、左半分と右半分に分けて掲載します。クリックすると拡大表示します。

株主様特別限定販売(左)
株主様特別限定販売(左)
株主様特別限定販売(右)

チラシの裏面には、双眼鏡や腕時計の株主様特別限定販売の案内も載っているのですが、とりあえず、PENTAXのカメラのファンである私にはあまり興味がないので、載せません。

チラシでカメラやレンズの価格を見ると、確かに通常価格(Ricoh Imaging Storeでの値段?)からの値引き率は大きいのですが、市場価格と比べると、際立って安いというほどでもありません。

以下、人気のある商品と、個人的に注目している商品について、株主様特別限定販売価格(以下、優待価格という)をチェックしてみます。

PENTAX K-1 Mark IIボディキット

PENTAX K-1 Mark IIは、PENTAXが販売している2種類のフルサイズ機の内、上位機種にあたります。

PENTAX K-1 Mark IIボディキットは優待価格が210,800円と、価格.comの最低価格186,000円を上回っています。またamazonでは、201,980円で販売していて、このamazonの価格よりも優待価格の方が高いです。

PENTAX KP

PENTAX KPは現在において、PENTAXのAPS-C機では最上位機種になります。高感度で暗い所に強いのが長所です。ただ、2020年にはさらに上位のAPS-C機が発売される予定です。

PENTAX KPは、レンズキットの設定がない商品なのですが、株主様特別限定販売ではHD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR(以後HD DA 16-85と呼ぶ)と液晶保護ガラスのGRAMAS Extra Glassのセットで販売されています。セットの優待価格は129,800円です。価格.comでのPENTAX KPの最低価格は83,800円で、HD DA 16-85の最低価格は57,000円ですから、合わせて140,800円です。もしPENTAX KPとHD DA 16-85の両方を欲しい人ならば、 株主様特別限定販売 で買うとお得です。

ちなみに、amazonではPENTAX KPは93,300円で販売されています。また、HD DA 16-85は57,000円で販売されています。

またamazonでは、PENTAX KPとsmc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR(以後DA 18-135と呼ぶ)のセットが118,108円で販売されています。PENTAX KPとDA 18-135をセットで買うと、とりあえず安くPENTAX KPを使い始められますが、DA 18-135では、PENTAX KPの2400画素の解像度を活かせないでしょう。DA18-135は、2000万画素のK-S2と組み合わせても、広角端と望遠寄りで写りが甘くなります。(特に周辺部)

RICOH GR III

RICOH GR IIIは、フルサイズ換算28mmでF2.8の明るい広角単焦点レンズを搭載し、APS-Cサイズのセンサを採用した、画質と撮影の軽快さを追求したユニークなコンパクトデジカメとして、一部のファンから熱狂的な支持を受けているカメラです。

RICOH GR IIIは優待価格で99,800円です。これは価格.comの最低価格94,000円よりも高くなっています。amazonでは100,808円で販売していて、1,008ポイント付いてくるのですが、これとどっこいどっこいの価格です。

RICOH GR IIIと予備バッテリーDB-110とGRAMAS Extra Glassのセット販売なら、優待価格が104,800円となっており、amazonのGR IIIとDB-110のセット販売の価格104,481円よりも319円高いものの、GRAMAS Extra Glassが付いてくる分だけお得といった感じでしょうか。

HD PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited

HD PENTAX-DA 70mm F2.4 Limitedは、私が個人的に気になっているレンズです。ポートレートレンズとして使えば、非常に優秀な描写をするレンズらしいです。

HD PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited の優待価格は34,800円となっています。これは価格.comの最低価格42,030円より安く、お買い得です。amazonで調べたら、なぜか価格.comより安い39,800円の値段が付いていましたが、それでも優待価格の方が安いです。

HD PENTAX-DA 21mm F3.2AL Limited

HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limitedも、私が個人的に気になっているレンズです。というのは、Kマウントの20mm前後の単焦点レンズは、この HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limitedと、ひとつ前の製品であるsmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limitedくらいしか手に入らないからです。大昔のレンズにまでさかのぼると、 smc PENTAX-FA 20mm F2.8など、いくつか選択肢があるのですが、流通量が少ないのか、オークションにもなかなか出てきません。

それから、smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limitedと比べると、後継機種のHD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limitedの方が、写りがかなり改善されているらしいです。どうせなら写りがいい方のレンズが欲しいですよね。

HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limitedの優待価格は37,800円です。これは、価格.comの最低価格の40,370円よりも安いです。amazonでは40,783円で販売されており、408ポイント付いてきます。

HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited

HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limitedは、写りのいいパンケーキレンズとして人気のあるレンズです。

ただ、個人的には、似た焦点距離のsmc PENTAX-DA 35mm F2.4ALを持っており、このレンズもパンケーキではないものの、とても軽くて写りが良いので、わざわざ40mmのレンズを別に買う必要はないかなと思っています。

HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limitedの優待価格は28,800円です。価格.comの最低価格は32,130円ですから、優待価格の方が安いです。 amazonでは32,484円で販売されていました。

HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8ED SDM WR

HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8ED SDM WRは、フルサイズに対応した、F2.8通しの標準ズームレンズです。APS-C使いの私には縁がないですが、フルサイズ機(K-1とK-1 Mark II)を使っている人には憧れのレンズですよね。

HD PENTAX-D FA 24-70mm F2.8ED SDM WRの優待価格は131,800円です。これは、価格.comの最低価格の152,800円よりも安いです。amazonでは164,000円でした。

申込制の株主優待

株主様特別限定販売以外にも、以下に説明するAコースからEコースまでの株主優待の1つを選んで、応募する事ができます。全てのコースに定員があり、抽選になります

Aコース「ラグビー観戦チケット」プレゼント

100株以上の株主が対象の株主優待です。そして、100株以上1000株未満の株主は、Aコースしか選べません。

リコーブラックラムズのラグビーの試合7試合から希望の試合の観戦を申し込む事ができます。

招待される人数は、ペア800組1600名です。

Bコース「カメラセミナー(東京)」ご招待

1000株以上の株主が対象の株主優待です。

2020年3月14日(土)に東京都内で行われる予定のカメラセミナーを受講する事ができます。

招待される人数は20名です。

Cコース「ペンタックスリコーファミリークラブ会員権」プレゼント

1000株以上の株主が対象の株主優待です。(私はCコースが一番気になっているのですが、1000株も持っていません)

ペンタックスリコーファミリークラブは、リコーやペンタックスのカメラ製品を愛用している人たちの写真クラブです。年4回の会誌が届いたり、フォトスクールの割引が受けられたり、リコーイメージングストアなどで使えるポイントがもらえるなど、会員になれば、色々な特典があります。

会員権がもらえる人数は100名です。

Dコース「リコーフィル演奏会」ご招待

1000株以上の株主が対象の株主優待です。

2020年2月23日(日)に川崎市で行われるリコーフィルの演奏会を聞く事ができます。

招待される人数は、250組500名です。

Eコース「リコー関連グッズ」プレゼント

リコーやペンタックスの関連グッズ(トートバッグやTシャツなど5種類の内1種類)がもらえます。

グッズがもらえる人数は、グッズの種類ごとに異なりますが、詳細は省略します。

壁掛けカレンダー

100株以上の株主には、美しい写真のカレンダーが12月に届きます。是非その美しさを紹介したいものの、著作権等、知的所有権上の問題が発生しそうなので、写真を掲載する事は断念しました。

どんな写真がカレンダーに載っているか知りたい人は、リコーのサイトの株主優待のページに行けば、見る事ができます。

最後に

以上、リコーの2019年下期の株主優待について説明しました。リコー・ペンタックスの製品の愛用者のみでなく、リコーに投資する事を検討している投資家の皆様にも参考になれば、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(計算結果を半角数字で入力してください) *