リフロー温度制御装置2号機製作中(4) – グラフの大型化

先日から作っている、ホットプレートを使ったリフロー半田付け用の温度制御装置の2号機ですが、今日は、温度変化のグラフを液晶の幅いっぱいに表示する様に、スケッチを作り直しました。

大きくなった温度のグラフ

グラフが横方向に広がったので、リフローの全工程の温度変化が一度に見られるようになりました。また、目盛りも付けたので、おおよその時間や温度も読み取れるようになりました。

グラフの横軸(時間軸)は1目盛り2分で、右端が現在の温度を表しています。縦軸(温度軸)は1目盛り50℃で、1番下の目盛りが0℃、一番上の目盛りが250℃です。

前回紹介した状態では、小型の液晶を使った1号機のスケッチをそのまま移植したので、下の様に、グラフの一部しか表示されていませんでした。

温度制御装置の画面(6)

次は、プリセットした温度プロファイルを、キーパッドで選択できる様にする予定です。

関連ページ
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(計算結果を半角数字で入力してください) *