ZEROPLUS社のLAP-CシリーズのロジアナがWindows 10に対応

台湾のZEROPLUS社がLAP-Cシリーズという安価なロジックアナライザを販売しています。日本でも秋月電子などで購入できるため、愛用しているユーザーも多いと思います。私も、各種デバッグに活用しています。(Arduino用ヘッダシールドの製作(3)ピカピカ光るクリスマスツリーおばけの製作(6)参照)

ZEROPLUSのLAP-Cでデバッグしている風景

このLAP-CはパソコンにUSB接続して、取り込んだ波形をパソコンの画面で見ます。そのパソコンソフトが、最近までWindows 10に対応していなかったんです。ソフト自体はWindows 10でも動作するのですが、インストーラーがうまく動かなかった様です。 “ZEROPLUS社のLAP-CシリーズのロジアナがWindows 10に対応” の続きを読む

キットの部品の小分け – ユーザーの利便性向上と品質管理

昨日、Elecrowから基板が届いたという話をしましたが、その基板と他の部品を袋詰めして、キットを仕上げました。他の部品の関係で、できたのは44セットです。

袋詰めをしてできたキット

ところで、しなぷすのハード製作記のキットは、部品を小分けしてあります。 “キットの部品の小分け – ユーザーの利便性向上と品質管理” の続きを読む

Elecrowから基板が届きました

Elecrowに注文していたI/Oピン一つで読める4X4キーパッドキットの基板が50枚届きました。一時より円高なので、基板が安く買えるようになってきました。

Elecrowから届いたキーパッドの基板

袋詰めした部品を付けてキットにするのですが、袋詰め作業が結構大変です。 “Elecrowから基板が届きました” の続きを読む

リフロー温度制御装置2号機製作中(1) – 部品をトレーに取り付け

以前、Arduinoを使ってリフローの自動温度装置を作ったのですが、装置を作り直して、機能の向上を図る事にしました。以前に作った装置を1号機、今回作っている装置を2号機と呼ぶ事にします。

新しい制御装置に組み込むために、Arduino Unoの互換機を買った話は先日書きましたが、この互換機をいよいよ装置に組み込みます。 “リフロー温度制御装置2号機製作中(1) – 部品をトレーに取り付け” の続きを読む

WordPressの.htaccessを編集してURLを正規化

今回は、サイト運営上の問題として、WordPressを使う場合のURLの正規化について書きます。

URLの正規化について

しなぷすのハード製作記のサイトと、このブログは、共に常時SSLを採用しています。そのため、URLが

https://synapse.kyoto

で始まっているのですが、 “WordPressの.htaccessを編集してURLを正規化” の続きを読む

Amazonで激安Arduinoを買ってみた

リフローで半田付けをする際の自動温度制御用の装置Arduino Unoを使っていたのですが、Arduino Unoは別のプロジェクトにも使うので、リフローをするたびにArduino Unoを付けたり外したりして、とても不便でした。

Amazonで、激安のArduino Uno互換機を見つけたので、これを買って、リフローの温度制御装置に組み込む事にしました。価格はなんと、送料込みで418円でした。(為替レートの関係で、購入時期によって価格が若干変動するようです) “Amazonで激安Arduinoを買ってみた” の続きを読む

ブログを始めました

しなぷすのハード製作記の管理人のしなぷすと申します。このたびブログを始めました。

元々サイト運営しているのですが、新たにブログを始めたのは、サイトの方では書ききれない事があるからです。

しなぷすのハード製作記のサイトでは、さまざまな電子工作に関する記事を書いているのですが、読者の利便性を考えて、完成した製作物についてのみ、内容を整理して書いています。そのため、試行錯誤の段階でボツになったネタもかなりあります。(というより、サイトの記事になっている製作物の方が少なく、大半の製作物が公開に至りません) “ブログを始めました” の続きを読む

広告